あいのわ

踊ったり 作ったり こどもたちと遊んだり
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    次のステージは、
    0


      すっかり秋なのです。
      9月の終わりに、広島へ今年のどくんごを観に行きました。一年ぶりのテント泊、腰の調子が悪い時だったので心配だったけど奇跡的に大丈夫!
      帰ってきてから、松山公演に向けて私もシーンを作り始めた。たった2週間しかないので毎日そのことでアタマガイッパイ。。

      そんな時、とべプロメンバーが美術で入ってくれて、私のシーンの道具が生まれました!!本当に感謝!!
      もつべきものは友ですね!。・゜・(ノД`)・゜・。

      さぁさぁ、本番まで5日間!追い込み、でも素敵な舞台に向けてラストスパート頑張ります!

      私は本当に幸せ者だと思う。
      舞台に立てることは当たり前じゃないから。そして何より、それを支えてくれる周りの大切な人たちに感謝なのです。日々の生活があってこその自分の表現だなぁ。

      さぁ、どんな景色が待っているのか!
      | sakim! | - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      夏のこととか。
      0
        人生で最もダンスブルでタイトで充実した2014年の夏が終わりました。
        振り返ることがなかなかできないまま、このまま秋の舞台へ進むのはどうかと思うけど、少しずつ、また振り返れたらと思います。

        17歳のときに「ハタラクセナカ」という作文コンクールで最優秀賞を頂いたのだけど、その時に、表現者として歩みたい。というようなことを書いていて、俳人の夏井いつきさんに「どんな道をすすんでいても、その思いがあればあなたはもう立派な表現者です。」とコメントを頂いたことをふと思い出す。
        19歳の時コンテンポラリーダンスと出会い、言葉の向こう側にあるダイレクトな身体に興味が湧き、それから今日まで儘ならない身体をどうにかこうにか踊れるカラダに、そして舞台に立つことを地道に続けてきたように思う。
        いつも誰かが羨ましかった。自分に対する劣等感や焦燥感が多かった二十代前半。でもそのおかげで、自分には何ができるか?人の良いところと自分の良いところは違う。人前に立つ時にどうリアルに立てるか?
        そんなことを考えていきたいと思うようになりました。
        そういう考えになっていったのは、やっぱり今までに出会ってきた振付家、作品があったからこそです。
        テクニック重視(もちろんテクニックはすごく大事。)よりも、どうやってダンスを捉えて自分の身体で表現してどう舞台に立つか。私はバリバリ踊れるタイプのダンサーではないので、いつも足りないいろんなことをコンプレックスに感じたりするけれどそれがあるからもっともっとテクニックを身に付けたい!もっともっと経験を積みたい!という向上心に繋がっている。から、コンプレックスも必要なのかもね。
        いつも、創作は底辺から始まる。

        20歳のとき、「踊りに行くぜ!?」にて、矢内原美邦さんとのクリエーションをしました。この経験が少なくとも今後5年間の柱となりました。
        舞台経験のほとんどなかった私を選んでくれた美邦さんには本当に感謝です。メンバーもヤミーや星加さん、なおさん、大学生の同世代と様々で、学ぶことが多かった。
        クリエーションは本当に大変なもので、いつもいつも失敗をしてしまう自分が情けなく、キャパを超えているのですぐには追いつくことは出来ないことではあるけれど、そういうことと向き合いながらのクリエーション、舞台の経験はほんとうに意味のあるかけがえのない時間でした。あの時の美邦さんの一言ひとことが、ダンスを通して伝えてくれた一つひとつが、ずっと忘れられないな。情熱が心に届く。
        そしてその時、絶対にまた、美邦さんの作品に出たい!と思ったのでした。

        それが叶うのは4年後。一旦は仕事が忙しくて舞台活動から離れていたのが、やっぱり踊りを続けたい!と環境を変えてしばらくした頃でした。
        京都での「スモールアイランド」を経て、その半年後、念願だったnibroll「see/saw」金沢公演に出演しました。

        ずっとずっと、心の中で想い続けていたことがついに叶い、本当に幸せな日々でした。


        それにしても、わたしは舞踊の専門家じゃないので、きっとダンサーとしてやっていくには限界があるだろう。
        でもだからといって、続けていけないわけじゃない。自分が今、どれくらいダンスをして生きていきたいか?表現者として生きたいという思いは、17から変わっていないよ。ただ、生活との兼ね合いなのですね。
        | sakim! | - | 04:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        つかの間の
        0
          休日でした〜〜(^∇^)

          先週のGWの、星屑ロケッターズ松山公演から一週間がたち今日は久しぶりのoff!!嬉しい、、
          朝は仕事を一本、午後からはほんとに純粋にフリーで心躍るね。昼ごはんなにしよう、一先ずたまった洗濯物を回していると、ご近所の友だちが集っているのを知り、カーディガンだけ羽織ってすぐに出かける。あぁ、ご近所って楽しい!!しばらくおしゃべりしたりmちゃんのお弁当食べさせてもらったり、赤ちゃんを抱いたり、楽しい。
          夕方前には別れ、帰り道に洋服を見たり友だちのお店にちょこっと寄ったりする。夏用にストールが欲しくて、ビームスで可愛いのを手に入れる。すぐに着けて帰ってたら、風がなびいて気持ちがいい。

          とっくに終わってた洗濯物を干してたら、家の前のお世話になってる画材屋さんの主人が見えたのでタタタッと降りて会いに行く。ホワイトデーのお礼をようやく言う。

          夕方からは、まりえちゃんとネジマキカフェへ、工藤冬里さんのライブを見に行く。時間に間に合わず、もう終わったかなーといつものノンキで行くと、グッドタイミング!始まったばかりでした(^O^)新しく改築したネジマキのギャラリースペースで演奏。絵の展示や焼き物も。開けた扉の、内と外の境界で音楽を聴いたり眺めたり、外の風をたくさん受けたりで、このバランスがとっても好きだと思った。半野外のような空間。
          山からの風を受け止める建物や木がないので、すごい勢いの風が吹いてきましたが、それもとても嬉しかったな。

          まりえちゃんとアネットでご飯。
          10時にはベッドの中で寝る準備。

          最高の休日でしたー!
          また明日から、舞台に向けて再始動です!(^∇^)
          | sakim! | - | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ゆっくりと
          0
            ゆっくりとしたい。

            舞台が近付いてくるとそれだけでいっぱいになるので、今はゆっくりしたいなーと無い物ねだりをしています。しかしゆっくりしてる時は、早く作品づくりしたいなーって思うからトータルバランスはいい気もするけど!

            あー夜に散歩したり、服を買いに行ったり、美味しいご飯食べに行きたい。バルコーノ行きたい。温泉も行きたい。
            何よりあの人やあの人、会っておしゃべりしたい人がたくさんいる。早く美味しいご飯食べながら会いたいなぁ。

            あと2ヶ月したら、25歳になります。
            人生の中でこんな身体も動き、考え方にも柔軟性があって何処へだって行けてしまうこの時期に、何をしたくてするのか。がとても重要な気がしてます。
            一度きりの人生だと心底思う。
            しかし年をとったら絶対田舎に住みたいし、もぅ大型スーパーとかファミレスとか、とにかく飽和したこの社会からは距離を図りながら生きていたい。なんだか色々多すぎるのです。物も、情報も、いいものもわるいものも。

            シンプルに、本当のことを感じ取る力をもっていたい。
            | sakim! | - | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            あの時のわれりゃ
            0
              いつもパスワードとか忘れてしまい、とべぶんプロジェクトのブログ管理にアクセスできない。。
              ひとまず自分のブログに書こう。

              今年も、夏に坪内家でアートイベントを開きます。早いもので4回目。一年の半分は何かしらとべプロの活動について考えているわけなのですが、いつもいつも、去年よりも面白いイベントにしたいと、ここで何が出来るのかと考えて話し合って訪れていると、すごいスピードで時間だけが流れていく。
              とべプロは何なのかとかそもそも何のためにイベントするのかとか話し合うけど、一つの答えがあるわけではないから、それこそ色んな可能性を模索することこそがとべプロの形であると、最近は思う。

              楽しんでもらいたい。お客さんに楽しんでもらいたい。本当にそれを思う。自分が行ってつまらないと思うようなイベントにしたくない。
              楽しい は、複雑です。いろんな種類の楽しい があるから、その中の私がやりたいこと伝えたいことで、自分以外の人と共有しやすい道すじやテーマを打ち出して行きたい。

              ここまで書いて一旦保存でタイムラグ!とりあえずは5月の舞台が終わってからかな。それまでに事務的なことはドンドコ進めていって、ですね。
              | sakim! | - | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              春雨の頃
              0
                あー、踊るの楽しいー踊るの楽しい!

                明日も雨かな。合羽にふる、はっ水スプレー欲しい。
                | sakim! | - | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                mama!milk
                0


                  クリスマス前の週、リニューアルしたネジマキカフェにて、mama!milkの音楽にじっくり浸る。。
                  あぁ、ほんとうに素敵な夜だった、、

                  異国から届いた手紙を読んでくれるようなアコーディオン。物語は歌う。
                  地図を広げて世界を旅するコントラバス。森林を分け入る。

                  踊りは、音楽は、いつも誰かと何処かを繋いでくれるなぁ

                  終わったあと、親しい友人たちとのまったりタイムにも癒され、他愛のないことが可笑しくって笑いに笑った。
                  そんな時間が嬉しいな。


                  言葉に残しておきたいことがまだたくさんある。
                  ひとつずつ、こちらも年末整理していこっと。

                  | sakim! | - | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  保育のほっ
                  0
                    今日は、学生の頃から見てみたかっただんだん山にあるようちえんへ見学に行かせてもらいました。地形を、自然を活かした環境に関心があったからです。夕方だったので子どもたちには会えなかったけれど、保育室はそれぞれ宝のやまで、好い工房に来た感覚と似ている。
                    階段がたくさん。絵本もたくさん。
                    足の裏にしっくりくる木の温もりがあってよく走り回っているのが分かる。
                    土とか水とか虫とか、シンボルキャラクターがいくつもいて、それが可視化されてるのはきっと大人向け(大人受け?)だろうと思うことにして。。

                    県外にも見たいところがあるので大学にいるうちに行くことができたらいいなぁ。
                    現場のことを思えながら、勉強させていただく日々に感謝です。

                    舞台のことや踊ること も、保育のことも、からだは一つですがやっぱりどちらも学べる時期なのではなかろうか!!
                    何事も縁なので、心を開いているように、フットワークは軽くいたい。

                    真似したい、お酒パックの活用法
                    | sakim! | - | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    まだまだ観たい「君の名は」について。
                    0
                      劇団どくんご 第二十七番 「君の名は」
                      @松山編

                      大入りの内、無事に終演いたしました!観にきてくださったみなさん、そして今年も松山にテントを張ってくれたどくんごの皆さん、本当にありがとうございました!

                      この一週間、舞台後からも忙しく、ノンストップで駆け抜けてきて、ようやくまた日曜日を迎えております。笑

                      よかった、、なんとか乗り越えることができた、、笑

                      ひと段落つき、ようやくゴロゴロしながら身体をほぐしたり、友だちと会ったりしながらどくんごのことを振り返っています。




                      5年前、たまたま紹介されて観に行った芝居。そのインパクトとサーカス感、一つひとつのシーンの情景が忘れられなくて、毎年楽しみに待つようになっていたのが‘どくんご’でした。

                      唐子浜いったり、むっちゃ山奥のダムいったり、キャンプ場行くまでに車が壊れたり、毎年色々あったな〜笑

                      なんかもう5年目なのかと、びっくりです。
                      そして今年は、松山のゲストとして中入りで参加しました。やったー!あの夜の小屋は、私にとって夢の舞台。

                      今年の一年は色々あったけれど、巡り巡ってやっぱりこうしてどくんごと繋がっていたことにハッとする。
                      きっと去年も今年の流れも、始まりに過ぎないのだろうという予感。
                      なんだか不思議な縁を感じてる。



                      あーーー、それにしても、今年の舞台も最高でしたな!
                      今年を機に、初めてどくんごを観てくれた人がたくさん増えてとっても嬉しかった!
                      わたしの周りは、今もどくんごごっこが盛んです笑




                      これは、写真も映像も一つも残していなかった私のシーン。奇跡的にりーさんの家族が撮ってくれてたそうな!さすがりー母!!!
                      ありがとうございますっ涙


                      ラストシーン 立ち尽くした。


                      私のテーマは‘赤線地帯‘でした。
                      じぶんが女性として生きている中で、まずジェンダーへの興味があったり(どうして、そういえば私は女なのか。私は男性を好きになる種類の女性であることは分かっているけれど。)、
                      女性として女性の歴史をみていく中で赤線に的を絞ったのだけど、こういう題材には様々な見解があると思った。


                      なんというか、一言では言い表せない歴史背景。
                      女性が身体を売ることでしか生活をたてられないその環境の要因や、つべこべ言う前に生きるために生きている、その姿。
                      形は違えど、現代にも感じる虚無や生きにくさは、どの世代でも何かしらあって、また今の時代もじりじりと歴史の一部になっていくのかなぁと考えたりした。

                      まぁそんなことはどうでもいいのですが、
                      舞台本番はお客さんが入り、どくんごの芝居が始まったことでよくやく私も演目が決まった!という感じで、本当にその瞬間にならないと分からないこと、その瞬間に感じ取った空気感や重さや軽さ、客との距離感は生ものだからいくら稽古を積んでも作りきれないドキドキがずっとありました。
                      この即興性は 地に足が付かない感じが最後まであるからしんどいのだけれど笑、でも今回そこにトライ出来たことは、私にとってとても大きな収穫でした!
                      中入りというのは特殊なんやなぁ。

                      テクリハも、ギリギリまで一緒に探ってくれたどいのさんや手助けしてくれたメンバーに多謝!!いい舞台のために妥協せず向き合える現場はなんと清々しく楽しいことか。



                      観てくれた人に、‘泰山さんはシャーマンのようやった’と言われ、すごく驚き!偶然にも今年同じように「シャーマン系女子」との格言を受けていたのです笑

                      シャーマン系ダンサーをお探しの際は、ぜひご一報くださ〜い!


                      何がどう伝わったのかきっと人それぞれですが、
                      ゾクっとしたとか、エロスだったとか、心地よい緊張感だったとかドキドキしたとかもっと観たかったと言ってもらえ、どくんごの舞台に生きることが出来て嬉しかったです!

                      あーどのシーンも好きすぎて、未だ興奮が冷めません。たぶんみんなもそうなはず笑

                      もうすこし、
                      秋が深まるなかでこの感覚を噛み締めながら、
                      もうすこし。




                      | sakim! | - | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      どくんごへの日々です。
                      0
                        10/19 19:46

                        今 初めて、自分の踊りを信じてみようと思った。


                        得体の知らない二本足が、そこに立っている。
                        この5分は確実に何処かへ向かっている。
                        それが何処なのか。まだ掴めなくて、探りながら毎回ビデオを回し、客観的に踊りを見る。つまらない、さっきのはよい、意味がワカラナイ、今のは見えた!これをどんどん繰り返す。

                        自問自答に近い気がする。踊りはその一瞬のものだから、いつも生きたことをしなきゃ自分と会話ができない。何か考えていても、結局は身体を動かして出てくるものを捕らえられないと泡になって消えていっちゃう。


                        あぁもしかしたら
                        本番の舞台の上にしか、ここが何処なのかという答えはないのかも知れないなぁ。

                        一人リハの日々。今回初めて一人でも作ることに向き合うことが出来てる気がする。期間の割に構想の時間が長く、ランニングを始めたり、テントの立つ城山公園で身体を動かしたりはしてたけど、作品着手し始めたのがようやく今週の月曜からだったので、丸々2週間程度で作って行かなければならなくなりとにかく使える場所を毎日確保し、仕事終わりや有休をとってリハをしています。(有休取れるって、すごいよね笑)数時間だけど、それでも身体を立ち上げたり何回もシーンにトライできること、つまりは作品をつくる作業ができてとってもハッピーです。

                        なーんて言っても、今はこれじゃ人前に出られるレベルではないので、切羽詰まった状況になんら変わりはないのです笑
                        やーーーー!!!


                        リハをやるだけやってちゃんとケアできていないのが気になってはいるものの。。足が痛いです。腰が砕けそう 目が血走る〜〜
                        ちゃんと湿布やテーピングしよう、、
                        | sakim! | - | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        + PR
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE